Hola! Que tal? (やあ、元気?)

アクセスカウンタ

zoom RSS 玉藻公園 渡櫓の波壁と妻飾り

<<   作成日時 : 2018/02/26 16:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

先週の日曜日に行った玉藻公園

いつもは閉まっているが、日曜は公開されている渡櫓

でも、耐震構造の問題で公開されるのは今月で終了となると知った。

残念だけど、最後に見られて良かった。


歪んでいるわけではなく、「波型真壁」という工法で、

横材の貫も漆喰で塗り込め、防火性を高めているとのこと。


櫓の壁としては、高松城と彦根城にだけ残っているそうです。


画像


画像


画像



画像を撮り忘れたが、この渡櫓の妻飾りが、

南面と北面で違っていることも、先日初めて知った。

南面は、生駒時代の黒漆塗り・木連(きづれ)格子が入り、

懸魚(げぎょ)は蕪(かぶら)、留は普通の六葉を用いている。


北面は、松平時代の白の漆喰塗り

懸魚は、蕪、留は葵紋の取り付け六葉。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い
玉藻公園 渡櫓の波壁と妻飾り Hola! Que tal? (やあ、元気?)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる